FC2ブログ
ラジオパーツジャパン出展担当 Tです。お世話になります
1月は、12月に次いで忙しい月になりました。
2月に入り、この次の日曜日、2月9日は、兵庫、尼崎市ARIC(エーリック)で開催の
JARL兵庫県支部、大阪支部開催の、『関西ハムシンポジウム』 に今年も出展いたします。
アクセスは こちら 
ハムシンポジウムの案内サイトは こちら でどうぞ。
毎年、当日限りの掘り出しものも、 MFJ、今年はロープ、ワイヤー、Buddipole、ギボシアンテナを製品化した
SOTABEAMS(UK)の特定の周波数への効果を最大化したマルチバンドDP、
ACOMリニア、Ameritronリニア、RM ITALYリニア、その他のご予約注文を 
当日渡し(展示会特価)でただいま受付中! こちら でご注文ください。

当日は午前、午後で合計5時間で終了ですので、おもに、アンテナ、MFJグループ、リニア他のご相談と
ご予約の承りをメインで、伺います。(掘り出し物は若干数となります)パンフレットもお持ちください。
どうぞよろしくお願い致します。
Buddipple Buddipole
この春、移動に、アパマンに、川べりで705や818やモービル機でも250W対応OCFマルチバンドDP 
Buddipole(バドダイポール)はいかがですか。即売品でお持ちします。限定2

ContestConsole DSPsota
英SOTABEAMSは日本でもSOTAや移動愛好家に今年はブレーク?!ICOM7300専用のコンテストコンソーラーと
小型DSPフィルターで移動もマンションでも使えそうです。

Tricrimp SOTAGiboshi
今年からアンダーソンパワーポールで心機一転、シャック内のDCケーブルを一新しませんか。
アメリカの電源、MFJ-4416CなどでもこのAPP(アンダーソンポール)が大流行。APP端子も小分けで販売します。
そして究極のギボシダイポールも即売します。

その他アンテナ建設のご相談、アンテナ、リニア、SDRまで私たちにお任せください。ではお待ちしております。

2020.02.03 Mon l ハムフェスティバル l コメント (0) トラックバック (0) l top
出展店長Sです。お世話になります。
八重洲無線製FTDX5000、その後FTDX3000の誕生し、同社内でも、長年お客様にあった、パナダプター
(SDRレシーバー)を探求なさっておられました。


これらの主力無線機には日本では「バンドスコープ」(海外ではパノラミックディスプレイ)で
「ウオーターフォール」
を見るための独自のソフトウエアを活用する方法がとられて
いましたが、一方で(パノラミックディスプレイが可能な)パナダプター(Panadaptor)は、海外の
SDRメーカーが先行し、Box型、USBドングルなど現在まで多数開発、販売しています。


LP-PAN2  Nap3scope
*LP-PAN2 と NaP3のパノラミックスコープ(14MHz帯)

八重洲様からのご期待に添う形で、当店では最初お話があり、発売開始した最初のパナダプター
Telepost社のLP-PAN (現在は LP-PAN2 )でした。LP-PAN2は、
FT5KのIF、IQ信号の処理が可能でより上級者向けでもあります。

RSP1Aangled  rsp2spectrumscope

*RSP1A(または2)の場合、アマチュア無線機に、この小型ボックスとPC(iCore3以上を推奨)だけでSDR、
パノラミックスコープが実現する高い再現性と、シンプルイズベスト で、世界中のYaesu, ICOM, Kenwood、
Elecraftなどの各種無線機にオーナーにより使われるようになりました。
右はRSP専用のSDRuno(ウノ)。もちろんHPSDR、SDR ConsoleなどもSDR Play社のサイトでダウンロードできる。

当店と無線機メーカー数社で、その後数々のパナダプターをテストした結果、FTDX5Kには、
RSP2現在はRSP1A )がワンボックスで特別な条件もなく、
専用ソフトウエアSDRunoとの相性も抜群によいためアマチュア無線のパノラミックディスプレイ
化に最適なSDRの一台として、アマチュア無線家の皆さまに対して販売を続け、今日に至っております。

いまは、FTDX5K用のスプリッターセット、FTDX3K用ケーブルセットもご用意し、Kenwood用を含めて
各メーカー様で監修された簡易取説も配布、頒布いたしております。

RSP2、RSP1Aは各種リスナーの方はもちろん、多くのアマチュア無線の方々におすすめです。
受信部は、SDRで『パノラミックディスプレイ』表示し、
アマチュアバンド全体(1バンド~最大8バンド)をひと目で捉えられる繊細なバンドスコープと微弱なシグナルを
選別できるなど魅力満載です。

***その他当店ではイタリアELADのS2と その専用ソフトウエアSW2もお求めいただけます。
ELADS2bandscope

*******************************

antennaSWforSDR  mfj1708bsdrUP

*SDR-無線機用アンテナ切替機(PTT接続を推奨)の接続構成と、MFJのスイッチMFJ-1708B-SDR

 asw2hFR
*ELADのHバージョン(ハイ・アイソレーションバージョン)のASW-2H。

※既存のアマチュア無線機に、1台、RSP1AELAD S2と、ご使用の1本のアンテナを送信時に
無線機へ、受信時にSDRへ切り替える『SDR用アンテナスイッチ ASW-2HMFJ-1708B-SDR』は
ラジオパーツジャパン オンラインショップ本店 でお求めいただけます。

2020.01.19 Sun l SDR l コメント (0) トラックバック (0) l top
スタッフSです。 
先日完売、次回入荷待ちですが、MFJには、グループ企業のアンテナ、
たとえばクッシュクラフトや、ハイゲイン、MFJのバーチカルアンテナ用につくられた
ベースマウントの一つです。

MFJ-1903 アンテナチルトベース

MFJ-1903Tilt_base

これは、海外では上述のバーチカルが良く使われていることと、分厚いアルミで丈夫ですし、シンプル、
コンパクトなので、国内では、ハイゲイン、クッシュクラフトや国産のバーチカルアンテナ
や、最近ではスパイダービーム製アルミマスト、国産のマストやポールを最大50㎜径まで
保持し、調整や降ろすときは、傾け(チルト)して寝かせるのに良く使われています。

上側のボルトのナットを緩めれば、コの字型アングルが左右に分かれて、長いバーチカルアンテナ
や重い伸縮ポールも楽に降ろして調整も簡単になります。左右のコの字アングルにはそれぞれ2か所
Uボルト、クレードルが取り付けられます。

地中には、50mm径までの鋼管を打ち込み、またコンクリートを流して固定します。
海外では移動、コンテスト、DXペディションでも使われています。

上の画像は、木製簡易ポールを固定し、その上にCobwebを上げ、また最上部のマストの
上側、分離するボルトナットのかわりに、ホームセンターで 6mm径の鉄棒を入れ、熱を加えて先端に
塩ビチューブを熱を被せ、さっと抜けるように工夫したものです。

**************************************
スペック、詳細は 一度、こちら の画像等もご覧ください!



2020.01.13 Mon l バーチカルアンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top

DX Engineering TFS4 シリーズB 通信型4スクエアアンテナシステムズ(4SQ)
DX Engineering TFS4 シリーズB 通信型4SQシステムは、最高レベルの技術の卓越性によりオペレーターの利便性、設置が容易になります。

これらの4SQハイブリッドシステムには、160、80、および40mバンドの3バージョンがあります。
これらは、1/4波長間隔のバーチカルアンテナ4本でアンテナアレイに簡単に最適な指向性制御ができるシステムです。
オペレーターは、4方向のいずれかで5.5 dBのゲインで送受信(※送信可の4SQシステムですので)を行うことができ、
20 dB以上の前後比を持ちますので、 ボタン1つを押すだけで、瞬時に、全方向性(オムニディレクショナル)パターンに切り替えられます。こ
この4方向のビームと全方向性(無指向性)の組み合わせにより、ビームパターンのヌル(0)に邪魔されることなく「オールラウンド」に
オペレーターの耳を傾けることができます。信号受信とノイズ除去に最適な方向を選択できます。

TFS4シリーズB送信型4スクエアシステムは、1/4波長の正方形の各コーナーに配置され
た4つのモノバンドバーチカルアンテナとなるように設計されています。
垂直エレメントは、接地せずに目的の帯域で共振する必要があり、中央に配置されたコント
ローラーからの同軸ケーブルの位相調整ラインから直接ベース給電する必要があります
(タワーシャント給電または放射エレメントには使えません)。 また適切なラジアルシステムが必要です。
DX Engineeringには、このアプリケーションに適したいくつかのバーチカルアンテナもあります。

4SQには40m(7MHz)では10mx4本で作れます。
80m(3.5MHz)で21m、160m(1.8MHz)で42mと広大な敷地が必要ですが、海外、コンテスター、DXペディションで使われている
スーパー!なアンテナシステムの送信可能なバージョンとなります。
https://www.dxengineering.com/search/brand/dx-engineering/product-line/dx-engineering-tfs4-series-b-transmit-four-square-systems?autoview=SKU&sortby=Default&sortorder=Ascending

120,000円(為替により変動いたします)ラジオパーツジャパン オンラインショップ本店
2020.01.11 Sat l バーチカルアンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top