FC2ブログ
Palstarlogo.png
HFautoFront
HFAUTOrear

User Reportから 2015年に、新しいリニアアンプExpert-2K-FAを見込んで、Palstar HF-AUTOを買いました。 Palstar HF-AUTOを使う前は、私はElecraft KAT-500をACOM 1011 600ワットアンプ(注1)とともに使用していましたが、KAT500は正常に動作しましたが、追加されたパワーで少し頑丈なものが必要でした(通常、ACOM / KAT500で500~600ワットで運用)。 HF-AUTOのセットアップは比較的簡単でしたし、マニュアルモードで「バンド・セグメント・ラーニング」を行って、バンドをジャンプする際、「より速いチューニング」ができるようになったのです。
私のアンテナの状況は、HOA(アメリカの住宅所有者協会)の制限が厳しく設備などお愛想に過ぎなかった。私は80-6m用にZero-Five 30 'Flag Pole(注1)を持っています。 HF-AUTOは私の「フラッグポール(国旗の旗のFlag Pole アンテナのこと)」で運用可能なすべてのバンドを楽にチューニングします。チューニングは、一般的ではありませんが、6mから80mまで一気にジャンプする場合1~4秒かかる場合があります。ただ私のバンド変更はより順調になりました(15から20m、40から80mへのバンドチェンジなど)。
また、再調整に要する時間はわずか1~2秒です。
繰り返しになりますが、私のアンテナではこのチューナーは思った通りの働きをし、私はこれを買ってElecraftのKAT500と比較して、それははるかに静かで、滑らかであり、リレーがないので同調ベルトによるシームレスな「ファインチューニング」がリレー音の鳴り響く音はない..そしてモーターは静かで聴きやすい。 私の設定はうまくいき、自動化/シームレスな無線局の設定が完成した。私は、今回このステルスアンテナが今後変更されない限り、この設定はこの先変更されないだろうことも容易に想像できたのです。..


毎日、私が押す必要がある唯一のボタンは、電源ボタンだけで、八重洲FTDX5000でリニアアンプをオンにします。アンプのドライブは50Wに設定しています。CWではパドルのシンプルな長点または若干2回キーダウンするだけで、HF -AUTOはいとも簡単に周波数をチューニングしてくれます。 この冬の予定は、160mと80mのバンド幅を拡張するためにステルスアンテナをもう1本、Butternut (バタターナット)バーチカルアンテナ(※HiQで広帯域ですので)160/80/40用を購入し、このHF-AUTOとリニア運用を楽しみたい。
このように、私はHF-AUTOを相当愛しています。
総括するとHF-AUTOは「戦車のような堅牢性」で申し分ない、という以上に、この造りや品質が素晴らしいので。通常、500Kから1KWと数少ない1.5KW(最大時)の運用にとリニアと無線機にマッチしたオートアンテナチューナーだと評価しました。 なお電源は余分にもっているアストロン20Aスイッチング電源でDC電源を入れています。このチューナーのおかげで、私のアンテナのオプションが広がりました。
ご注文、商品説明は こちらへ

★…………米PALSTAR社より 世界最高品質のアンテナチューナーを超特価で手に入れましょう☆先日、契約更改した PALSTAR(パルスター)社 、メーカー協賛価格で、今日から、15日までの間ご提供できるようになりました。ぜひ、このサイトの右上から 会員登録して、お求めください。価格は弊社だけではお出しできない、正真正銘の超特価となります。☆★ さて、パルスター社とは、アメリカでも電気、車メーカーも多い、オハイオ州ピクァ...
会員になって、超特価で良品を。8/15まで

関連記事
スポンサーサイト



2018.01.23 Tue l アンテナチューナー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://maimusen.blog.fc2.com/tb.php/57-926b8b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)