fc2ブログ
スタッフSです。
ドイツ スパイダービーム社のグラスファイバーポール。交信した海外のペディションでは
第一選択となる確率が高い信頼のおけるグラスファイバー強化樹脂(GRP)採用の伸縮式マスト
(ポール、竿ともいいますが)、スパイダーポールのお話を少し書きます。

spiderbeamlogoGIF

ドイツ スパイダービーム社は、DXペディションで一躍有名になったアンテナメーカーです。


○金属製のバーチカルからグラスファイバーへ

160m(1.8/1.9MHz)用バーチカルは、今ではグラスファイバー繊維強化型樹脂製ポール
のアップグレード(改良)により、移動でも固定運用でも使っている局が増えました。

以前、ユニークなTitanexなどチタン製バーチカルもありました。
チタンは軽いから興味があり、私も建設現場に立ち会ったことが
ありますが、チタンを含む金属製バーチカルは当然、とても高価なアンテナとなります。

そうなりますと、軽いのはアルミで作ること。 海外運用で、アルミの材質はピンキリで最低でも
18m垂直部分をかせぐには、堅牢な品質、材質が求められ、結果、相当重いものになります。

一方で、グラスファイバー強化樹脂製で18m以上のものは無かったのですが、
ドイツのスパイダービーム社から、グラスファイバー強化型樹脂製の
12m(HD(強化型)12m)が発売され、HD26mHD18mが、その評判、
軽さが受け、DXペディショナー、コンテスターの要望通りの製品が次々に生まれました。
最近ではHD22m伸縮マストが発売されました。

これらは、金額は少し高くなりますが、たとえば、押すと凹む万能竿や、無線用を謳う安価な
グラスファイバーを少し含む伸縮ポールとは材質も異なります。
その他、表裏の仕上がりから商品の管理方法も異なります。
通信専用の竿ですがEUを中心に、現在は高所作業や小型アンテナ、産業、大学研究用、商業
にもオプションがあるように、プロに使われています。

スパイダーポールはこちからお求めいただけます

アジア総代理店 ラジオパーツジャパン オンラインショップ本店、同ヤフーストア


****ZS(南アフリカ)の固定局でのバーチカルアンテナの建設例****
ZS2DL ドノバンの場合、

ZS2DLSpider160mVertical

「ラジアルを装着し、垂直ラジエーターの長さを短くした後、アナライザーで共振したことを
確認後、SWRは1.810から1.850 MHzまで2.8:1です。 しかし、使用したリニアアンプはそれに
対応し満足していました。
後日、4.7mmの冷蔵庫用のチューブを手に入れてコイルを作りました。
スパイダービーム社が提案してくれたように、ヘアピンマッチ(画像)を追加した後、
私のSWRはバンド全体で1.8:1に収まりました。
そして次の金曜日の夜に新しくDL、JA、E74をログインできました。

アンテナは正常に動作し、QSOの間にE74AWから非常に良い報告を受け、アンテナは
すべての電力を処理できています。」

「庭にもっとスペースがあればフェーズドアレイなど作りたいですが」「キットとして売るべき
もので、 素晴らしいアンテナだと思います。 」

**************************************
HD18mVerticalKit
上記の要望から、現在、160mビッグハット(巨大容量冠)付きワイヤーバーチカルアンテナ
キット(セット)が発売(予約受注品)されました。

関連記事
スポンサーサイト



2020.01.10 Fri l バーチカルアンテナ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

160mアンテナの自作を考えるが多少高くてもドイツに製品化されているなら将来使ってみたい。ほかにもあれば紹介してください。
2020.01.12 Sun l unja1asasa. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://maimusen.blog.fc2.com/tb.php/416-891b88a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)