FC2ブログ
Mfjtuners
これは世界最大のハムフェスティバル、デイトンハムフェスティバルの近年の
MFJ Enterprises社のブースの一部です。デイトン郊外のハラアリーナのメインホールに
MFJブースがあり、他にも幾つものホールに小型のブースを構えていました。
[世界で最大クラス]の無線機メーカーは八重洲、アイコム、そしてケンウッド、
アルインコなどなど、殆ど日本のメーカーが、独占してきました。
でも、電波を受信し、送信するには、アンテナや専用の通信ワイヤー、ロープ
から金具に至るまで、一くぐりにして、[周辺機器]と呼ぶことにしましょう。
無線機に必要なアンテナなど[周辺機器メーカー]は、国内では、
下線文クリエートデザイン、ナガラ電子、ミニマルチ、ラディックスアンテナ、第一電波
、コメットと有名メーカーは6社前後。パーツはグラスファイバー工研、その他数えるほどです。
全国にハムショップや、ネットを探しても国内ではこれらの製品でほぼ100%となります。

ところが、欧米を中心とした、我々同様アマチュア無線家は、多くは日本の無線機を使う一方で、
[周辺機器メーカー]は日本の数百倍に及びます。
例えば、今までに交信した海外局のQSLカードや、海外局にが主催するDX ペディションの
情報サイトを見てみると、そこには海外メーカーのアンテナや、グラスファイバーポール、
スパイダービーム、ヘックスビーム、無線機メーカーやリニアに至るまで
膨大な種類のアマチュア無線用製品に溢れていることを既にお気づきでしょう。

MFJは、[世界最大の周辺機器メーカー]です。上記の画像は、彼らの屋内専用
オートアンテナチューナーATUで、上から下へと扱える入電力が大きくなります。
上から、MFJ-939シリーズで、150w PEP、メータはなくモールスのビープ音でも
調整動作後のSWRを知らせます。八重洲用は939Y、アイコム用は939Iとメーカーに対応した専用設計
となります。
その下は、MFJ-929 ベストセラー!200W PEP同調範が広く100w機で十分なら
これがハイパフォーマンススペックとなります。

その下は 300W PEP 2番目の売り上げですが累計ではベストセラー、ロングセラーのATU
は. MFJ-993Bです。自動的に150W以下では最大3200Ωまで同調可能になり、300Wまでは
1600Ωと切り替わります。
そして一番下は、1500W PEP対応、最大級の屋内ATU、MFJ-998B
ハムフェアでも即売品、ご予約品で承ります。
関連記事
スポンサーサイト



2019.08.19 Mon l ハムフェスティバル l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://maimusen.blog.fc2.com/tb.php/387-4368b537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)