fc2ブログ
20210329005445e14.jpeg

20210329005406159.jpeg

202103290055238cb.jpeg


大阪も桜満開に。毎年関西ハムフェスティバルの記念局の開局式に向かいました。
毎年、暖かい1日で当面50wでHFから430までをメインに
大阪府池田市から固定局は8N3Qで、Qは25周年のクォーター。移動局は8J3XXVで近畿各県で7月の関ハム本番まで運用されます。コロナ禍ですが記念局運用は始まりました。
今年も九州のダム水源林の保全とCO2 削減の森林保護活動の一環として、当店でも予約で国産杉製コールサインプラーク(プラークは楯)をお待ちしました。今回はレーザー刻印で祝25周年の文字を入れました。
2週間程かけて社長の知り合いの福岡の箪笥職人さんが
手間をかけて作成していただけます。
シャックに一台いかがですか。当店で受け付けています。
スポンサーサイト



2021.03.29 Mon l ハムフェスティバル l コメント (0) トラックバック (0) l top
202103210221454ba.jpeg
20210321022244a1a.jpeg

PAR ELECTRONICS 社といえば。ツェップ型アンテナや小型のHF-UHF帯HALOループでアメリカでは有名な
アンテナメーカーです。
EFシリーズはエンドフェッドの略で
このところ移動運用で、QRP用のマルチバンド同調型ツェップ型アンテナを発売しています。
画像のアンテナは最大15wまででリールに全てのステルスワイヤーが巻いています。
このアンテナは人気の40mの半端長の長さで、ほぼ無調整で30m,20mバンドにも出られます。ただアンテナチューナーがあるとより広帯域で同調が取れます。
エレメントは細くて丈夫な耐候性ある被覆線でステルスワイヤーと呼ばれています。
画像の黒い塊にはSMAJコネクターがありますが、通常はこのままで使います。
私の場合、無調整でこのままSpiderbeam製ポールを
6mだけ伸ばしてトップにステルスワイヤーの中点を取り付けた逆Vに展開してFT991を10wにして調整しました。内蔵チューナーはオンにしましたが各バンドとも同調は直ぐに取れました。これだけ巻いた状態で持っていけて軽いと今後IC-705でも使えそうです。
巻数の多い短縮アンテナは超小型でもそろそろ
飽きたのでフルサイズという方にも,朗報かも知れませんね。ラジオパーツジャパン、直接注文ボタンからどうぞ。200W PEP仕様で40/20/15/10mのクアッドバンドツェップ型アンテナEF-QUADも無調整で好評発売中です。
ユニークな同調型ツェップ型アンテナはEFシリーズをおすすめします。
2021.03.29 Mon l ツエップ型アンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top
20210321021419344.jpeg

20210321021500bce.jpeg

202103210215223a9.jpeg


お取り寄せ品ですが、昔、日本でも売っていたエアダックスコイルがMFJから販売されているのをご存知ですか?
「エアウンドコイル」と言う製品名です。ウンドは巻いた、スペーサー付き巻線コイル、と言う意味になります。

写真のものはその最大級。直径は何と3インチ径もあります。おそらくアマチュア用では世界一クラスの製品で、大口径240μHとかなり遊べると思います。
160mからタップ切って色んなアンテナに使えますね。
2021.03.27 Sat l アンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top
20210321015526461.jpeg

20210321015725738.jpeg

耐圧の高いバランは無いですか?時々ご質問を受けます。
答えはもちろんYesです。
ラジオパーツジャパンでは、正規ディラーとして、耐圧の高いバランメーカー3社と古くから扱っています。
その一社が,アメリカJay率いるArray Solutions 社です。

ペナントアンテナシステム、バランな老舗メーカーです。
写真のバランは、5kW CW/10kW SSB、160-10mの4:1バランです。しっかりしたコア、テフロン線を採用、セラミック製陸式端子がついています。200オームから50オームへの変換に。G5RV WINDOMなどにも好適です。


20210321015743ab2.jpeg


2021.03.22 Mon l バラン l コメント (0) トラックバック (0) l top
20210321013005704.jpeg


今日届いたもの。1990年代以前は、廉価で誰でも求めやすい、エキサイター用のバンドパスフィルター
で有名だったあのICEのフィルター。
大阪でも日本橋の大手家電店の無線コーナーで、ハムショップでも売っていました。
その後、MMI社となり、避雷装置メーカーに。アメリカでは雷も半端ないですからね。
その後、MS、Morgan Systems社になり、バントパスフィルターも後継され、ラジオパーツジャパンと提携、
現在小型のHF帯全バンド用に品揃えしています。
200W PEP仕様ですので、100Wの無線機では余裕ですね。人気なのは写真の40m用と、20m用です。
20210321013034a4c.jpeg
202103210129261c9.jpeg
2021.03.21 Sun l インターフェア、電波障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top