FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
MFJ-1797
屋根上にあげると下から、とてもスリムですから見えにくい!?アメリカではステルス性のあるアンテナで、
宅地建造物制限地域でも人気のある商品です。


MFJ-1797備忘録 お使いになる前に
全米で人気のMFJ-1797, MFJ-1797LP
(LPはコイルセットより上部分がない超短縮バージョン)

取り扱い説明書は、とても薄く、そのままアルミパイプ4段(LPの場合は1段)と
コイルセットを間に組み入れるだけで、終了
です。
ただ、各バンドのキャパシティ(容量)ハットは7MHzなら6.7MHzなど低い周波数に
共振しているため、慎重に少しずつ切って共振点を得ましょう。

GND グランド側は、定尺のステンレス製ホイップを水平にハブリングに差し込み、
付属のグアネラバランを経て、ご用意いただくのは同軸ケーブルとマストのみです。
ちなみに、当店テスターの場合、調整終了まで40分、組み上げまで1時間、収納まで15分でした。

その他、これまで多かったご質問は(詳細は取説PDFを ダウンロードください。とてもシンプルです。)

その他、いままでに頂戴したFAQ

Q1 マスト径、ブラケットの構造と取り付け方法は?
A マストとアンテナ側のベースを取り付けるブラケットは、アンテナとマストを抱き合わせるように
平行にUボルトで2本をそれぞれ表裏で受け止め、固定するタイプです。
長さは20cmくらいですが実測はしておりません。マストの最大径は約44mmです。ですが、

Q2 周波数の調整は元は無線機のSWR計では見えない、送信できる範囲でないようですがどのあたりですか。
また、調整方法とアナライザーを紹介ください。

A  海外のアンテナの多くは、低い周波数で共振が取れています。
低い周波数は、例えば7MHzでは、6.700MHzなどですので、無線機から送信できる範囲を超えています。
この場合、はやりMFJ-259Cなどのアンテナアナライザーで測定すれば、Z(インピーダンス)50オーム付近でSWRも最低となる点が見つかります。
*参考(VNAアンテナアナライザ(MFJ-226, 223など)なら、インピーダンスとSWRをカーブを見ながら同調点が正確に直感的に、複数のバンドの状況が一度に把握できます。
細かく切りそろえて、ご希望の周波数帯に同調がとれれば終了です。
※アンテナの同調では、
アンテナは空間を保ち、仮設用のマスト(2-3m)に上げて行ってください。
注:ローバンドの帯域は狭いため、切りすぎないようにご注意ください。また万一切りすぎましたら、アルミチューブを継ぎ足すか
アンテナ製品はすべて低く、切って揃えます。少しずつ切ってMFJ-223、MFJ-226などアナライザーで共振点をお求めください。

Q4 ステーは必要ですか?
A MFJ-1797はライト級ですので、念のため、台風や強風が連続的に続くエリアではステーをとるなど適宜補強してください。国産のアンテナも耐風速30m前後が多く、ステーや補強を実施するなどメンテナンスは必要です。

Q5 バランがついているようですが、追加でバランは不要ですか。同軸は5D2Vなどでよいですか?
A グアネラバランが付属しておりますので不要です。同軸は50オームのものをお使いください。

Q6 ラジアルは不要ですか?
A はい、不要です。写真のように、カウンターポイズ付きバーチカルです。

Q7 このアンテナの特徴は?
A 何と言いましても、元クッシュクラフト由来の、設計思想にあります。短縮バーチカルですが、ノンラジアル(ラジアル不要)
で、OCF設計、短いのに、効果があるのは、トップロード、トップハット式にほかなりません。

Q8 発注から2週間くらいでしょうか。国内送料はおいくらですか。
A 当店在庫の場合、ご入金後発送いたします。在庫切れの場合、約2週間となりますが
お急ぎのときはお問合せボタンからご相談ください。
送料は、長尺商品につき、地域別料金をお見積り致します。
本州、四国、九州、東北までおおよそ3000-4000円台となります。

海外にあって国内にないアンテナで、また、宅地建設制限地域のアマチュアにも人気がありますので
国内でも活用できる 効率の良いMFJ-1797,MFJ-1797LP。当店おすすめの一本です。







スポンサーサイト
2018.04.07 Sat l ノンラジアルバーチカルアンテナ、GP l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。