FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大阪、中野無線さんのユーザーレポートから。
ぜひオリジナルサイトではお客様のTOYOTA WISHに今月GWに取り付けられ、IC-7100Mの本来の力を発揮出来る様になった
とのお話しです。
「ご承知の通り最近の殆どの車は、燃費改善のため充電制御システムが搭載されており、バッテリーの電流消費と充電状態を監視して、不要なタイミングは充電をカットしてしまう為、添付写真のINPUT電圧の様に、ENG回転中でもバッテリー電圧が平気で12V台に下がります。このタイミングでリグを送信すると更に電圧降下し、送信中は10V台まで下がることも・・・。リグへの電源配線がバッテリー直結ですと、この状態では相当な出力ダウンが発生する訳で、当方の環境ですとIC-7100Mでは12V台前半で430MHz帯の出力がMAX35Wに対して22~25W程度まで下がります。当方の様に、パワー計を運転席で常時モニターしているとこれが気になって仕方ない状況に陥ります。

又ENG始動時の電圧変動からMFJ-4416Cを保護する為、ディレータイマーを2個追加し、
ENG始動後2.5secでパワーリレー→MFJ-4416Cへ通電開始、更に2.5sec後にブースト開始する動作としました。
MFJ-4416Cの効果は大きく、全てのバンドで送信時の電圧降下はパネルメータ読みで0.1Vレベルです。
参考になればと思います。

お客様のWISHです今回MFJ-4416Cをご購入して頂きレポートを頂きました(^^)綺麗に取り付けられてますので当方も勉強に成りましたお客様からのレポートでしす(^^)何時もT様有難うございます******************************(IC-7100M/TOYOTA WISH)5月になり、移動運
ユーザー様モービル WISH紹介です(2017ヴァージョン)MFJ-4416C取り付けレポート

スポンサーサイト
2017.05.15 Mon l 電源周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
mfj-4416Coblique
ごらんのとおり、弊社の具申が通った形の新しいスーパーバッテリーブースター
MFJ-4416Cですが・・・もうメーカー在庫がない。
早朝のMFJホットラインからの情報です。
世界中で使われてるブースターですから仕方がないか。
各方面で強靭な肉体改造をし、生まれ変わったMFJ-4416、「筋肉質」になったバージョンCをご堪能ください。
すでに、ご予約が多くなってきましたので、 こちら で注文できます。
税込25920円とのこと。
2017.02.10 Fri l 電源周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
MFJ-4416RBCUp

使い方は、4416Bへ内蔵のLAN様のケーブルを1本つなぐだけ!
※4416Bはアマチュア無線機を車移動で使う場合、車のバッテリーが10Vを切ると、送信電力が出なくなることがあります。
これは無線機に限らず、車内の電装系にも使われています。
MFJ-4416RBCLAN

4416Bをお持ちの方には、おすすめです。それは、4416Bと新型にも電圧、電流のモニターが
本体とはケーブル1本で別置きできるのが大変重宝します。
それだけでなく、アラーム機能もあり知らせてくれるので、4416Bをお持ちの方には
おすすめです。
4416B、Cにどれくらいの電圧が(まだ)あり、また出力されているか気になるところで
■4416BRCがあれば、ブースター本体の入力と出力の電圧監視(モニター)をお好きな場所に置いてみることができます。
■MFJ-4416BRCはブースターのオンオフが操作でき、低電圧状態のアラート機能をオンオフできます。
■ブーストしている時、定電圧状態でLEDが点灯し目で確認できます。
■入出力の端子
■ CAT 5ケーブルを本体とBRCに繋ぐだけでかんたん接続。
■サイズもたいへんコンパクト12.7mm横X7.62縦X5.1奥行
ご注文はこちらから
2017.02.04 Sat l 電源周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
RPJ((株)ラジオパーツジャパン)1年の希望がカタチになり登場しました。
mfj-4416Coblique
mfj-4416Cup

すでにご承知の、世界初のバッテリー電圧昇圧装置 スーパーバッテリーブースターMFJ-4416Bが
”C"にアップグレードして、22日に発売しました。
手作り感ある、タフなつくりですが、さらに、ゴツイ感じになりました。
10v以下になると無線機がストップ、運用即中止、無線機本体へのダメージも無視できないと聞きます。

このバージョンCは、実は、RPJ当店のお客様から、日本でこうした問題がおきているのでと、親会社(株)ラジオパーツジャパン
を通じて、開発担当、トップに向けて熱烈に依頼してまいりました。
意見を求められ、具申し、約1年。もう発売になる、いや、まだテスト中、、かなり開発グループも、問題点の克服に
テストを重ね、2月に発売ということでしたが、ついに、発売を開始しました。
それでも、現在は予約状態でございます。
当店では、そういう理由から、すでに、十分な数を確保しますので、
こちら から ご予約注文をお待ちしております。
※現在ハムショップ様からも こちら から承り中です。B(^-^)/
製品の詳細は こちら をご覧ください。
2017.01.24 Tue l 電源周辺 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。