fc2ブログ



今日入荷したもの。APRSのTiny Trackerで有名なアメリカのArgent Data Systems社に、シンプレツクスレピーターがあります。ハンディー機へはいくつかのオプションケーブルで接続します。手のひらサイズです。ラジオパーツジャパンでお求めいただけます。
2021041819342292e.jpeg


2021041819344262f.jpeg


20210418193623a4f.jpeg
スポンサーサイト



2021.04.19 Mon l スローパーアンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top
お客様から掲載のリクエストがあり、
メモ書きになりますが、当店扱いのスローパーアンテナsloper antenna について書きます。
スローパーアンテナの市販品は限られていますが、
敷地も取りますので、海外の市販では最も低い1.8MHz帯で1/8波長になる短縮型が売られております。

まずはモノバントでは欧米製4社を扱っております。160m. 80m. 40m 用が有り、https://www.radio-part.com/
でと、直接注文ボタン にご希望商品を記入いただければご注文いただけます。1/4波長はトップバンド 160mバンドでは40mを超えますが、短縮型ではは給電部近くで太径の高耐圧被膜の銅線製のコイルで物理的に全長は約22mと1/8波長となります。取付けは、タワーをアースとしますので、例えばタワートップのボルトにアース側の網線を接続、給電部に同軸ケーブルを接続、大口径の防水コイルから出たエレメントは斜め45度から60度までで、下方に伸展します。
エレメントは軽く、先端は高さは最低3m以上で設計されています。また、できる限り近隣の建屋などから離しましょう。

次に、マルチバンドのスローパーアンテナを簡単に紹介しましょう。
アメリカ アルファデルタ社のDX-A(上図)とDX-B
(下図)です。

20210410132527f83.jpeg


20210325114150737.jpeg


DX-Aはトライバンドのツインスローパーアンテナです。図の通り左右に逆Vアンテナのように見えますが、
片方が160mと40mでAlpha delta独自のISO-RESチョークコイルで160mを短縮しています。全長は約20mでデュアルバンドに同調。
もう片側が80mモノバントのフルサイズでです。2本の全長でも約38m、重さも2kg強。それでもワイヤーである被覆銅線は12AWGと一般的な14AWGより一回り太かなっています。
ハンドリングパワーは2000w、推奨する地上高は給電点は約12m、エレメントの最低点は約2.4mですので、これなら敷地内に張れるのではないでしょうか。

20210410125040dd7.jpeg


202103251142232d5.jpeg


DX-Bは、片側一本ですが、ISO-RESコイルで短縮の160mと80mとフルサイズの40m、パラレルにもう一本30mエレメント付きでこちは、クワッドバンダーとなります。長さは約18m、ハンドリングパワーは1000w、他の条件はDX-Aと同じ、大変コンパクトなスローパーアンテナです。

これらスローパーアンテナには、よく接地されたタワー、鉄塔があれば庭に簡単に敷設、展開でき、発射角も低くDX交信向き、とあります。ローバンドを中心に海外でよく使われています。
このアンテナには、タワートップにアンテナが有ればより効率的に動作する様になります。
タワーがない場合、理論上は垂直にワイヤーを垂らすことで代用できますが、できる限り、タワーや鉄筋などにアースを取れる環境がベストです。、
筆者は鉄筋の旅館の屋上から下の立木に向けて
ステルスワイヤーCQ-534で何度か特にトップバンドで、フルサイズのダイポールが張れない時、このスローパーは
接地が取れれば簡便に効率の良いアンテナとなりました。
いずれもラジオパーツジャパンで入手できます。
2021.04.10 Sat l スローパーアンテナ トラックバック (0) l top