FC2ブログ
カピバラKです。私にとっては昔からパドルと言えばコレ!ぐらいの存在のベンチャーです。
この構造を考えた方はある意味、天才だと思います。

BY2-1 BY2-3 
BY2-2


画像のパドルは私の愛用品ですが、一時期マルチオペのコンテスト運用によく持って行っていましたので、左右のドットとダッシュを入れ替えられるようなスライドスイッチがついています。
リグのリバース機能を使えば、こんなスイッチは要らないのですが、メニューを呼び出すなど、寸暇を惜しむ(笑)コンテストでは、ややこしい事はやってられなく、なかなか便利です。
このスライドスイッチは共立電子(大阪他)などで売っていると思います。
ちなみに私は左打ちで右書き(右パソコン)、店長Tは右打ちで左書きです(注1)。
いつかは店長とこのパドルを共用してオペすることがあるのでしょうか?(笑)

注1)店長Tより;かつては右書き、骨折で左書きに、電信は両手打ち、口、足でも操作可(笑)。
*********************************************************

ベンチャー Bencherは正規ディーラー ラジオパーツジャパンで。
主な商品一覧は こちら。私の愛用品はBY-2となります。
専用ケーブルEZ-1(イージーワン)、パーツも予約で承っております。
ラジオパーツジャパン オンラインショップ本店の電鍵パドル こちら です。
スポンサーサイト



2019.11.07 Thu l 電鍵、パドル トラックバック (0) l top
KT-1

KENTinspection


久しぶりに入荷した、ドイツ KENTエンジニアリング社の キー(電鍵)、パドルの検品作業中。
世界のCW愛好家に独特の打ちやすさ、打鍵感でいまもなお、人気ある製品だけを
作り続けています。
長年、弊社の社員の一人が、コンタクトがあったからこそ、KENT社と契約が実ったものです。
画像は、ツイン≪アイアンビック)で知名度の高い、TP-1B(右)の箱と
アイアンベースの建振れ電鍵、KT-1の外観検査前。
(株)ラジオパーツジャパンはKENT社の契約代理店です。
(注 :正規代理店といった日本語が使いやすいからか、ちまたで良く使われていますが、多くは契約書のないリセラー、
再販店といったほうが良い事業者、個人からグループが氾濫していますので、「正規」という文字に惑わされませんよう
十分にご注意ください。弊社、当店では今後も正規という日本語表記を削っていく予定です。)
TP-1Bの詳細は後日、販売情報は こちら にあります。
KT-1は こちら から。

KT-1もTP-1Bも、所謂ブラス(青銅)製で、国内外の細いレバーは材料として採用しません。
必要な堅牢であるべき、左右のレバーや支点となるパーツにいたるまで、しっかりと作られている
設計は見事です。
ぶれなく、そして円滑な操作が人間の手で触ってわかるものがこのKT-1で
打ってみて納得できる逸品です。
KT-1は、別途 HANDY KEYからアップグレードした製品で、
違いは基台は、KT-1はアイアンにどぶ付け塗装と鉄を露わにしない工夫で、
その表面は滑らかで濃い漆黒で光沢があり、もてば、このキーへの信頼が生まれるでしょう。
HANDY KEYは基台が木製で明るい雰囲気につつまれています。これから
のアップグレードキットも別売されています。
あのタイタニック号のレプリカを製造(現在製造は未定)するKENT社の自信に満ちた
製品です。

2018.02.11 Sun l 電鍵、パドル l コメント (0) トラックバック (0) l top

スタッフKです。これはベンチャーパドルに共通のベース側のオスファストン端子です。珍しいですね。こんな小さなパーツも正規代理店だからお届けできるのですが、正規代理店だから在庫を置く、何でもある、はイコールでも無いようですね。
ラジオパーツスタッフだから出来ること。その一例、一例はお客様からのご要望が機会、経験となり、5000品目になったに過ぎないのです。輸入商社ラジオパーツジャパンの世界にある拠点からの十有余年来の情報力とルート、安全第一の物流、いま、徐々に星⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️も増加中でございます、
小さなパーツのお見積もりは、こちら へ。パドルから、変換アダプターまでついた無線機key側のケーブルセット EZ-1 で接続もスマートに、簡単(イージー) に。純正品です。
2017.05.10 Wed l 電鍵、パドル l コメント (0) トラックバック (0) l top