FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
スポンサーサイト
2017.06.28 Wed l ヘックスビーム l コメント (0) トラックバック (0) l top

ユーザーレポート その1 国産ヘックスビームでパイルアップに


人気沸騰、国産初オーダーメード ヘックスビームアンテナ J-HEX
弊社の6バンド J-HEX 6BAのユーザー様から、感動のメッセージをメールで送って頂きましたのでご紹介いたします。
現在GWで沖縄県宮古島から 移動運用中。
"J-HEXを買いたいというきっかけは、1本のアンテナで、1人でもくみたてられ、ゲインもある八木アンテナが欲しかった、特に軽いもの。
今まで、国内外の市販のトライバンダーや、WARCバンドつき小型の2エレビームを宅配で輸送、組み立ては慣れているものの、風のない日でも、ジュラルミン製移動用マストに自重で10-15kg、特に10kgを超えたものを例え5mでも上げるのはたいへんです。せっかくの遠距離移動運用、また黒点活動も低迷する中で、金属製ではなく、何か軽いもので、簡単に入手できるビームアンテナが欲しかった。
すべての「ヘックスビームアンテナ」は海外製で、まだ日本では一部使われているくらいで、本当に飛ぶのか聞こえるのかは海外のehamなどのサイトで見る以外に目にすることもなかった。本当に国内ブランドの金属製マルチバンド八木アンテナに匹敵するのかも捉えにくかった。これは新しいアンテナでいくら評判が良くても、海外製だから仕方ないと半ば諦めていたところ、昨年の関西ハムフェスティバルで実物と対面でき、また国産と聞いて即予約をしました。
直径1mくらいの模型があったが、多くの来場者は多分この六角形のパラボラが天空に向いたアンテナが最大6バンドのフルサイズの八木アンテナだと気付くだろうか?
説明を聞き、軽さとゲインと綺麗な放射パターンにも魅せられ、このコンディション低迷期には、せっかくの運用も無駄にしないよう、一番大きい、14MHzを含む14-50MHzまで出られる「J-HEX 6BA」を注文、予定通り4週間で届きました。
(組み立ては後日掲載予定)
このアンテナを宮古島に来る前に 2度組み立てて、1人で最大でも小一時間で運用できるようになった。
ラジオパーツジャパンの勧めで、元箱は海外旅行に預けられるサイズで、オプションから、フジインダストリーのロック式5mのプッシュアップマストFSP-505と、J-HEXアンテナのセンターマストの下に出ている32mm径のパイプとFSP-505の上端と蝶ネジ2個で固定できる「32mm-34mmカプラー」、チョークバランの代わりに「MFJ-915」を併せて注文し、これに5D2V20m1巻を、専用の帆布製バッグに入れて肩に掛けて持ち運できるようにフルセットで注文しました。それでも海外製移動用、固定用ヘックスビームアンテナより安く、宮古島に持ち込むことに。
結果。やはりコンディションは悪く、結果的に14MHzと18MHzは欠かせなかった。そして、一昨夜、昨夜は、SSNは30程度でも、A値、K値が下がり、夜間EUが強くはいりだす。CWだけでなく次第にSSBでも59に。一応水平ワイヤーアンテナと切り替え器で聴き比べると、ーJ-HEXで弱い相手局は全く聞こえなくなる。
この違いは大きい。その後、EUカラパイルアップになり2日までで700局とこのアンテナだけで交信。アフリカのペディション局も西向けで直ぐにログイン,
ベアフットでこれだけの性能には正直、驚きました。
昨日まで、手持ちの重たいビームを持ってきたところで、期待ハズレになるからと、水平ワイヤーアンテナで済ませたり、ATUに自作ロングワイヤーでも良しとしていたが、このアンテナを使ってみて期待以上の結果でした。今まで出会ったことのない新鮮さもあり、久しぶりに良いアンテナを買えて満足しています。すでに小笠原や海外の移動局から、使用アンテナを聞かれ、国産のヘックスビームアンテナですか?と尋ねられることもありました。最新のラジオパーツジャパンの6バンドのヘックスビームはゲイン重視設計で、また新たに海外運用にはポイントになる1KW PEP対応になっています。
最後にこのアンテナで昨日も50MHzでJA2IGY三重朝熊山ビーコンが良く聞こえ、CQで国内各地とEスポでたくさんの局と交信できましたので補足します。JS6***
2017.05.03 Wed l ヘックスビーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。