上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ラジオパーツジャパンが、イタリアのリニアアンプメーカーRM ITALY Construzioni社社長と懇談、同社からの提案で、HLA305VPLUS RPJ200w バージョンを開発したオリジナルの傑作です。
かつて話国内のリニアメーカーは東京ハイパワーが200話機がありましたが、倒産後このクラスの日本の2アマ資格で操作できるリニアがなく、万を期して発売を開始しました。上位機種のよりハイパワー向け部品、シャーシ、大型静音クーリングファンあり、アラームあり、オールモード対応となりました。この品質では十分に日本のお客様にもおすすめできる製品として2年前に販売、JARD保証認定資料付きで、すでにほぼ500台ネットで、ハムショップ様で販売中です。
こちらのお客様も、HLA305V PlusRPJ-JA200wバージョンを導入、ご満足頂けました。リニアがご不安な方も実際のお声を是非ご覧ください。HLA305VRPJkeihanna02.jpg製品情報サイトは こちらからどうぞ。

スポンサーサイト
2018.01.17 Wed l リニアアンプ l コメント (0) トラックバック (0) l top

お問合せは こちら から。
2017.08.09 Wed l リニアアンプ l コメント (0) トラックバック (0) l top

RM ITALY のHLA-150Vシリーズのフロントパネルが変わりました。今までのアクアブルーから精悍なブラックに。今後他機種もブラックになっていく予定です。
拡大して見ると、305シリーズにない機能が。一つ目は右側のシーソースイッチの一つ。ATT(アッテネーター)で3dB切り替えが可能です。このリニアアンプは、最大150Wですが、このATTを下側にして最大75Wとなります。他のリニアと同様、SSBーCWとAM-FMモードの切り替えスイッチ、左端はBPFバンド切り替えダイアルですが、通常はAUTO(AUT) い固定しておきます。通常5-15W前後で最大150W。28-29MHzなど高い周波数では120-140W程度になります。電源は無線機用30A連続の電源(MFJ-4230MVなど)で。RM ITALY の国内総代理店 輸入商社ラジオパーツジャパン※で。5/1から標準価格でお求めいただければ、有限保証付きとなりました。
※RM ITALYの販売は同社のみです。他の業者はすべて並行輸入業者、個人です。御求め商品が故障し、修理となりました場合、RM ITALY製品の底蓋を開け修理でき認定企業はラジオパーツジャパンのみですので、ご注意ください。車も無線機も、正規ディーラーが安全、製品のスペックや価格にない確たる情報も海外製品の購入時には冷静に見定めること。ラジオパーツジャパンは価格以外の安心をお届けいたします。

2017.05.03 Wed l リニアアンプ l コメント (0) トラックバック (0) l top
HLA150VPlus01.jpg
WebストアにあるHLA150V PLUSの画像が見えないとのお声がございましたので、こちらにも画像を掲載いたします。ブラックで、イタリアンブルーから引き締まったルックスになりました。RM ITALYの正規代理店は弊社のみです。サポートも安心なラジオパーツジャパン オンラインショップと協力販売店様でお求めください。(販売店様募集中)
2017.03.01 Wed l リニアアンプ l コメント (0) トラックバック (0) l top
スロバキアのOM Power社の新しい OM2000A+ には
別に1kW仕様もございます。
 

IC7200_OM2000AP02.jpg

IC7200から簡単な設定だけで、3分後にはオペレート可に。 様子を見て、入力約10Wで約300W。
IC7200M_OM2000AP01.jpg

約22Wにすると 985Wに。
OM2000AP03.jpg
設定はタッチスクリーンでOK。
(撮影 けいはんな通信様にて(受注中) )
ご注文、お問合せは こちら から。
 
2017.02.17 Fri l リニアアンプ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。