FC2ブログ
Omnirig2,RSP1Aup
CW Skimmerなどアマチュア無線家に最も重宝されているソフトウエア開発者Alex Shovkoplyas 
VE3NEA(Afreet Software 社)がフリーウエアとして世界中のアマチュア無線家に公開しているOmniRig(オムニリグ)。
当店でもRSP1A,RSP2シリーズ、Flex Radio FLEX-6400ELAD他、八重洲、ICOM、Kenwood他多くの国産無線機
と、SDRソフトウエア、Skimmer、FT8やデジタルモード用のソフトウエアを楽しむため、
相互の連携にたいへん便利なソフトウエアです。
Afteet Software OmniRigのサイトは こちら。(※当店ではサードパーティー製ソフトウエアはサポートは対象外となりますが
RSPシリーズとケーブルセット購入等でOmniRig他の設定用参考小冊子を配布、頒布中)。

これをベースにStephan Andratsch が新たにOmniRig V2.0を開発(スポンサー:HB9RYZ W. Sidler)し こちら に
公開されています(※設定等は自己責任で行ってください)。

新機能は、ominiRig v2.0の新機能は、 最大4台の無線機をサポート
○最小ポーリング間隔は100ms(ミリ秒)から20msになりました。
○メインウィンドウのGUIは、4つのRIG-Tabが一度に見れるよう大型化。

OmniRig v2.0とは

OmniRigはこれを介して同時に複数のプログラム(ソフトウエア)でトランシーバーを制御できます。
ユーザーはロガー(例えばLog4OM)、パナダプターとしてのSDR受信機(例えばSDRPlayのSDRuno)、ColibriDDCなど
のリモートSDR受信機、FT8などのデジタルモード用ソフトウエアWSJT-X)用のソフトウェアなどです。

現在の周波数、モード、その他すべての無線機のパラメータを知り、
たとえば、周波数などを制御したり変更することが可能になります。

すべてのプログラムがOmniRig v2.0コンポーネントを使用し、独自のコードで無線機を制御、
特定の通信ポートにアクセスします。
OmniRig v2.0では新たに、異なったCOMポートに接続されている最大4台の無線機
または受信機まで制御できます。
(無線機の種類は多様で下記の通りとなりますが、この種類はOmniRig v2.0では起動時に、
Rigs \サブディレクトリから無線機の記述ファイルを読み取ります、とあります。

その他、参考まで、ユーザーからの情報従来のOmniRigとは異なり1GHz以上の高い周波数でも
安定して動作するようです。

日本の無線機に合ったSDR(レシーバー)はELAD FDM S2や DUOr(デュオR)、SDR Play社のRSPシリーズがございます。
OmniRigリストにある当店の無線機は FLEX-6000(FLEX-6400、FLEX-6600、FLEX-6700)ELAD DUO、Apache Labs ANAN-7000DLEとなります。



FlexRadio Systems such as FLEX 6300, 6500, 6700, 6400M, 6600M, etc. please use for all Flex radios
the RIG-File SmartSDR
TS-440, TS-480, TS-570, TS-590, TS-690, TS-850, TS-870, TS-930, TS-2000, all other Kenwoods
FT-100D, FT-450, FT-747, FT-757, FT-817, FT-840, FT-847, FT-857, FT-897, FT-900, FT-920, FT-950, FT-990, FT-991, FT-1000, FT-1000MP, FT-2000, FT-9000, FTDX-3000, FT-DX5000MP
IC-78, IC-275H, IC-703, IC-706MKII, IC-706MKiiG, IC-718, IC-725, IC-726, IC-728, IC-735, IC-737, IC-738, IC-746, IC-746Pro, IC-751,IC-756, IC-756Pro, IC-756ProII, IC-756ProIII, IC-761, IC-765, IC-775, IC-781, IC-821, IC-910, IC-970D, IC-7000, IC-7100, IC-7200, IC-7300, IC-7315, IC-7410, IC-7600, IC-7610, IC-7700, IC-7800, IC-7850, IC-7851, IC-9100, IC-R75, IC-R8500, IC-R9000, IC-M70
Elecraft K3, Ten-Tec Eagle, Ten-Tec Paragon II, Ten-Tec Orion, Ten-Tec Jupiter, Ten-Tec Omni VI+, Ten-Tec Omni VII, TenTec RX-350, JST-245, DX-77, NRD-535(DG), PowerSDR, Perseus, FRG-100, ZS-1,
Elad-FDMSW2 他

※ 海外には優れたSDR(トランシーバー、レシーバー)がございます。
ご購入のご相談、お問合せは、当店まで

FlexiPad
スポンサーサイト
2019.06.26 Wed l SDR l コメント (0) トラックバック (0) l top
CubexLogo

QueenBeeSpec

この前に取り上げた50MHz用4エレキュビカルクワッドQueen Beeの
より詳細な情報がメーカーから連絡がありました。¥

納期は約4週間となります。(予約で)
重さ 約6.3kg

FB比 20~25dB とCQならではの値です。
半値角 60°は想像通りといったところ。
風力荷重 約0.149平方m さすがに6m用です。
ブーム長 約2.44m
ブーム長 約3.81㎝ と必要十分に広いスペースを確保して期待できそうです。
バンド幅 1MHz(VSWR<2、調整可)
*ブーム 約3.2mm厚と分厚いグラスファイバーチューブ
*スプレッダー ソリッドグラスファイバーロッド製 
*ワイヤーには #14 7本撚銅線 直径約1.63mm(2平方mm)同社HFクワッドと同一品質の
丈なエレメントワイヤー採用
* ブーム‐マストプレートは肉厚の約6.3mm厚アルミプレートを採用
* 最大マスト径は50㎜まで
です。
HF帯の電離層が弱い一方で、マルチホップや全国的にオープンする
Es反射はVHFならではで、こちらはFT8の開発もあり、50MHzがアクティブです。
このアンテナなら、各種EsやScatter他異常伝搬、そして実力を発揮できる
GW(グランドウエーブ)まで。遊べそうです。

Mantis_Queenbee_CUBEX
これは同社の40m-10m用大型キュビカルクワッド「Mantis(マンティス)II」の
上部にQueen Beeが見えますね。Provided by N7VMR
2019.06.12 Wed l キュビカルクワッド l コメント (0) トラックバック (0) l top
CubexLogo

アメリカのT10など、官公庁用ログぺリオディックアンテナ(ログぺリ)とマルチバンド キュビカルクワッドアンテナ
で有名なCUBEX(キューベックス社)を率いるTennadyne(テナダイン社)をご存知でしょうか。

当店では、少し取引を休止しておりましたが、このたび、Tennadyne社より、国内での公認正規代理店となり、
国内での輸入販売を再開いたします。
Cubex Quad HF

今回は同社の40m~10mまでのHF帯各種、マルチバンドキュビカルクワッド アンテナは後日にご紹介し、(お問合せから)今回はEs(Eスポ)伝搬シーズンの最中、国内DXやマルチホップでEUやアメリカ大陸、アフリカまで開けている6m(50MHz帯)用のCUBEXクワッドをご紹介いたします。

☆6m用のCUBEX社のキュビカルクワッドには次の3種類が用意されています。
それぞれ、オーナーが好きな蜂の名前がついています。
ちなみに、店長が昔、マンションで使っていたのは、2エレのBumble Bee(バンブルビー:マルハナバチ)
でした。短いブームに肉厚のスプレッダー、ブームもアンテナの性能を最重要視し、すべて
グラスファイバー製です。

BumbleBeeSpec

画像が良いものがなくすみません。

"BUMBLE BEE(バンブルビー(マルハナバチ)"
6 Meter, 2 Element Quad (ゲインは+ 6dbi )
オールファイバーグラスでワイヤー以外は一切絶縁体で徹底した性能重視設計
アーム全長 約223㎝
回転半径 約119㎝
直接50Ω給電(バランは不要なタイプですが必要に応じ、5D2V、RG58Uなど10㎝径8回巻き等でも可
市販ではMFJ製バランも可(機種名を書いてこちらへ別途ご相談ください)。
耐候性設計
中心周波数は設計上50.300MHz付近(他のシリmーズも同様です)
給電部で共振点を調整可
マスト・ブームカプラー付き
許容最大電力 1kW PEP.
水平、垂直偏波面選択可

移動に、バルコニーに。長さは1.5mの正方形だから、取付やすいのと
回転しやすく、組立に時間がかからない。それにサイドとバックなどが切れるのがわかります。
Hi Qだから、目的の受信局の周囲のノイズを拾いにくく、コンディションの切れ目などのQSBに強い、
など、入門用とはいえ、良く聞く、キュビカルクワッドの特長 がおわかりいただけるでしょう。



QueenBeeSpec

6 Meter 4 Element Quad (ゲインは+9.1 dbi ☆6mクワッドで人気商品 DXingに。
"Queen Bee(クイーンビー(女王蜂)" ☆移動で、固定で、ベランダで高ゲイン、低発射角、QSBに強い!

オールファイバーグラスでワイヤー以外は一切絶縁体で徹底した性能重視設計
損失あるトリムキャパシターは不採用
直接50Ω給電(バランは不要なタイプですが必要に応じ、5D2V、RG58Uなど10㎝径8回巻き等でも可
市販ではMFJ製バランも可(ご相談ください)で、中心周波数は約50.2MHz
耐候性設計
給電部で共振点を調整可
マスト・ブームカプラー付き
許容最大電力 1kW PEP.
水平、垂直偏波面選択可
VSWR<2:1帯域 約1.5MHz
ブーム長 約2.4m㎝
回転半径 約198㎝
重さ 約6.35kg
平均価格 44800円 送料別(トラック便等到着後見積もり、着払い)
人気の4エレCQの発売開始特別価格でのご予約、お求めは





送料はトラック便着払となります。







KillerBeeSpec

New "KILLER BEE II"(キラービー、アフリカミツバチ)
6 Meter 6 Element Quad (ゲインは17+ dbi Gain @ 約12m高)
F/B > 30db

直接50 Ohm 同軸ケーブル2mまで; 中心周波数は50.2 MHz.
耐候性設計
給電部で共振点を調整可
「アルミブーム」約52m
許容最大電力 1kW PEP.
水平、垂直偏波面選択可
VSWR<2:1帯域 約500KHz
ブーム長 約2.4m㎝
回転半径 約380㎝
重さ 約6.35kg
と、こちらは固定用、Es 用にお求めください。

お求めは 機種名を書いて こちらへ。



参考まで、最後にCUBEX社へ向けられたお役様のレビューから。
4L6MVQ- "QUEENBEE"
☆お客様の感想☆

CUBEX社様
私は4 ele 6m用クワッド (QUEEN BEE ) を月曜日に頼みすぐに届きました。このアンテナの組み立てはとても
カンタン
で、近くのイベントでテストしましたが、すぐに満足いく結果がえられました
とくに、シグナルのFB(前後)比は期待値以上で、フロント/サイドも卓越していました。
以前はダイポールだけだったので、 これを使って正解でした。
ダイポールアンテナと比較して驚いたのは、夕方、このノースカロライナ州にEs(Eスポ伝搬)で国内DX局が
このQueen BeeでS5~S7で入感していたが、ダイポールでは何も聞こえなくなった
ことです。
Queen Beeキュビカルクワッドは、約12mの屋上に立て、満足しています

欲しい性能が見つかれば、運用も楽しくなるでしょう。
50MHz帯での指向性が欲しくて、高い鉄塔がなくても、Cubexを選ぶしかないでしょう!ありがとう。W4VD

To: CubexCo
KillerBee (6m用6エレキュビカルクワッド 「キラービー」)の感想

このところ当局の空の運用はとても素晴らしい。たぶん、“ホワイトナイト(救世主)” と言って良いだろう。
「山霧」のようなグレーでマリン仕様のポリウレタンがそのように白く見えたのかもしれない!
私にとってのこのアンテナのファーストコンタクトはフォークランド諸島VP8だったのです。
これを建てる前に降ろした5エレ八木をローカルの友達にあげたが、残念ながら彼の5エレでは
交信できなかった

50 MHz のVSWR 1.5:1は50.275MHzでした(設計通り)。
フロリダDennis K4NF 
2019.06.12 Wed l アンテナ トラックバック (0) l top


Youtube は こちら(MFJ-1835) 。
2018.10.25 Thu l アンテナ l コメント (0) トラックバック (0) l top
MFJ-1797
屋根上にあげると下から、とてもスリムですから見えにくい!?アメリカではステルス性のあるアンテナで、
宅地建造物制限地域でも人気のある商品です。


MFJ-1797備忘録 お使いになる前に
全米で人気のMFJ-1797, MFJ-1797LP
(LPはコイルセットより上部分がない超短縮バージョン)

取り扱い説明書は、とても薄く、そのままアルミパイプ4段(LPの場合は1段)と
コイルセットを間に組み入れるだけで、終了
です。
ただ、各バンドのキャパシティ(容量)ハットは7MHzなら6.7MHzなど低い周波数に
共振しているため、慎重に少しずつ切って共振点を得ましょう。

GND グランド側は、定尺のステンレス製ホイップを水平にハブリングに差し込み、
付属のグアネラバランを経て、ご用意いただくのは同軸ケーブルとマストのみです。
ちなみに、当店テスターの場合、調整終了まで40分、組み上げまで1時間、収納まで15分でした。

その他、これまで多かったご質問は(詳細は取説PDFを ダウンロードください。とてもシンプルです。)

その他、いままでに頂戴したFAQ

Q1 マスト径、ブラケットの構造と取り付け方法は?
A マストとアンテナ側のベースを取り付けるブラケットは、アンテナとマストを抱き合わせるように
平行にUボルトで2本をそれぞれ表裏で受け止め、固定するタイプです。
長さは20cmくらいですが実測はしておりません。マストの最大径は約44mmです。ですが、

Q2 周波数の調整は元は無線機のSWR計では見えない、送信できる範囲でないようですがどのあたりですか。
また、調整方法とアナライザーを紹介ください。

A  海外のアンテナの多くは、低い周波数で共振が取れています。
低い周波数は、例えば7MHzでは、6.700MHzなどですので、無線機から送信できる範囲を超えています。
この場合、はやりMFJ-259Cなどのアンテナアナライザーで測定すれば、Z(インピーダンス)50オーム付近でSWRも最低となる点が見つかります。
*参考(VNAアンテナアナライザ(MFJ-226, 223など)なら、インピーダンスとSWRをカーブを見ながら同調点が正確に直感的に、複数のバンドの状況が一度に把握できます。
細かく切りそろえて、ご希望の周波数帯に同調がとれれば終了です。
※アンテナの同調では、
アンテナは空間を保ち、仮設用のマスト(2-3m)に上げて行ってください。
注:ローバンドの帯域は狭いため、切りすぎないようにご注意ください。また万一切りすぎましたら、アルミチューブを継ぎ足すか
アンテナ製品はすべて低く、切って揃えます。少しずつ切ってMFJ-223、MFJ-226などアナライザーで共振点をお求めください。

Q4 ステーは必要ですか?
A MFJ-1797はライト級ですので、念のため、台風や強風が連続的に続くエリアではステーをとるなど適宜補強してください。国産のアンテナも耐風速30m前後が多く、ステーや補強を実施するなどメンテナンスは必要です。

Q5 バランがついているようですが、追加でバランは不要ですか。同軸は5D2Vなどでよいですか?
A グアネラバランが付属しておりますので不要です。同軸は50オームのものをお使いください。

Q6 ラジアルは不要ですか?
A はい、不要です。写真のように、カウンターポイズ付きバーチカルです。

Q7 このアンテナの特徴は?
A 何と言いましても、元クッシュクラフト由来の、設計思想にあります。短縮バーチカルですが、ノンラジアル(ラジアル不要)
で、OCF設計、短いのに、効果があるのは、トップロード、トップハット式にほかなりません。

Q8 発注から2週間くらいでしょうか。国内送料はおいくらですか。
A 当店在庫の場合、ご入金後発送いたします。在庫切れの場合、約2週間となりますが
お急ぎのときはお問合せボタンからご相談ください。
送料は、長尺商品につき、地域別料金をお見積り致します。
本州、四国、九州、東北までおおよそ3000-4000円台となります。

海外にあって国内にないアンテナで、また、宅地建設制限地域のアマチュアにも人気がありますので
国内でも活用できる 効率の良いMFJ-1797,MFJ-1797LP。当店おすすめの一本です。







2018.04.07 Sat l ノンラジアルバーチカルアンテナ、GP l コメント (0) トラックバック (0) l top