fc2ブログ
CG Antenna社から日本国内の代理店としてご厚意により、ラジオパーツジャパンで正規ディーラーとして販売を開始しました。CG アンテナ社は中国上海市に本社を置く独自設計のオートアンテナチューナーを開発設計を視野に現在では欧州を中心にマリン用アンテナチューナーからアマチュア無線関連では、ラジオインターフェースSB-2000やAPRS、ローテーターコントローラーを製造する企業で、現在はベルギーにも事務所を置いています。
最近まで日本の代理店がありましたが。CGAntennaは新たに日本の代理店を選出、当店の親会社が代理店となりました。
世界市場では軽量、コンパクトで、整合速度の速い事でeham reviewでも高評価なアンテナチューナー CG-3000は200w PEP で薄型。軽量コンパクトな製品です。
現在、ラジオパーツジャパンのオンラインショップで発売開始しました。10wのキャリア送信で無線機メーカーを選ばすチューニングします。、詳細は後日掲載予定です。

202110222132437a6.jpeg


202110222133550e2.jpeg


20211022213448579.jpeg


薄型、1.7kgと軽く用意するのはアンテナワイヤーを上側のリク式端子に蝶ネジで締め、下側の蝶ネジにはラジアルなどアースを。隣接する4ピンコネクターに室内のDC電源からのケーブルを接続し、室内からの同軸ケーブルをMコネクターに接続して終了ですね。
 チューニングはどの無線機も、CWで電鍵を押す、AM モードではマイクのPTTを押すとチューニングが始まります。入電力は10wで。5mの4ピンコネクター付き電源ケーブルとUボルトが2本、日本語取説が付属しています。
スポンサーサイト



2021.10.22 Fri l ATU l コメント (0) トラックバック (0) l top
低コスト版の10mポール GP-10、伸ばして10m 縮めて1.165m、肉厚も1mmから厚い一番太い部分で1.5mm。
軽く細く、それでも先端は10mm径と十分な太さ。
アンテナポールに必要な条件を満たしています。
メーカーによれば、あくまて、銅線エレメントワイヤーを
這わすのに重要な絶縁性から通信アンテナポール専用の設計とのことです。
ラジオパーツジャパンからお求めいただけます。
20211022010545ff3.jpeg


202110220103412c6.jpeg


2021102200440011d.jpeg


2021102200311007d.jpeg


20211022001323a8b.jpeg


底蓋はウレタンキャップで接着済み、地面に緩衝し、プラスティック製のキャップカバーで直径が大きくなる事で、踏みたてスタンドに入らないなど邪魔になる分を除きました。
トップキャップはラバー製で上から各チューブを取りやすく仕舞いやすい構造。
待った感じは意外と軽く、思ったほど太く無いので持ち運びやすいという印象です。
ラジオパーツジャパンでは、22mmとら34mm径の位置で面で止まるステーリングも別売。ステーローブもクレモナでは伸びるので扱い難いが欧米のアマチュアで人気のチェコ製のマストラントのMロープが張りやすい。
アンテナワイヤーも無線アンテナ専用で世界中で愛用されているCQワイヤーなら黒く見にくくて強靭だからオススメです。ぜひご検討ください。
2021.10.22 Fri l アマチュア無線 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日届いたダミーロードMFJからは古くから多くのダミーロードを製造販売している。使い方は簡単、無線機に電力計を繋ぎ終端にこの負荷装置を付けるだけで、50オームの無誘導抵抗で無線機やリニア、負荷装置が正しく働いているのか確認できます。
無線機だけでなく、使っていたアンテナに問題がみつかつたり、一家に一台本来必要な一台です。
画像の箱型のダミーロードは空冷式で、表を見るとグラフがあり、縦軸は許容入電力w 横軸は使用できる時間です。
抵抗器ですので、長時間電力を加えれば発熱します。このグラフを見て抵抗が耐えられる時間だけ注意して使いましょう。
小型のMFJ-260の画像

2021100510473075f.jpeg


20211005104916b3e.jpeg


2021100510482916b.jpeg

 
空冷式には、最大50wクラスからありますが。小型でも、最大300wのMFJ-260は20w,50w,100w150wの無線機、リニアの測定に役立ちます。UHF(Mメス類似)コネクターとN型から選べます。


もっとも人気なのはMFJ-264、これは最大で1000w(1000wの場合、一回の送信は最長10秒)までとリニアまで対応します。
これに、クロスニードルメーターがついたMFJ-267もあります。ハイパワー(2500w)ファン付き空冷式、
オイル缶冷却式MFJ-250Xも1000w用ではおすすめの製品です。
MFJ製品では。もし、無誘導抵抗器を損傷した場合も代理店では抵抗器単体でお取り寄せできますので安心ですね。
ラジオパーツジャパンからお求めいただけます。
2021.10.05 Tue l アマチュア無線 l コメント (0) トラックバック (0) l top
20210821014950010.jpeg

20210821015343bf4.jpeg

20210821015110df8.jpeg

202108210152298c2.jpeg

8月の14-15日に開催されたQSO PARTYを今回覗いてみました。バーチャルエキスポとして、大変よく出来ています。何より自粛ムードで時間はあるので、時差はありますが、少し夜更かしすればいくつか見られます。
店長は会場間移動がないし、ほぼ全ての動画を見ていましたが、今回はじっくりと有名な講演者から若い人たちの活発な提案からアンテナ理論、メーカーファンによる
メーカー製品の応用研究発表、これで
入場料は10ドルちょっとで全ての機能が得られますが、
単に見るだけならなんと無料で見れるから現地に行った気分になります。
期間は2日間ですが、大変豊富なレクチャー、講演ともかく、朝から最終日も夜8時までやっていましたのには驚きました。
2日間で、それも、あらゆる分野で100近いレクチャーほ圧巻でした。レクチャーの内容も動画やパワポなので後で見返すこともできました。
デイトンハムベンションでも朝から夕方まで
クラウンブラザではコンテストユニバーシティが開催され、郊外のホテルではまたイベントがあるのですが、
バーチャルの優れたところは、すぐに探してそのレクチャーを見る事が瞬時に出来ることです。
また、CWやら、アンテナなど色々な質問をMCの方にズームで質問できるシステムですので、尋ねたかったことを即座に聞いてもらえ、バテランのかたからこうしたら使えるかも、フレンドリーに教えを乞うこともできました。

ブースは40もないですが、当店が国内専属再販店であるフレックスラジオやベガリ、アレックスループ、当店扱いの帽子にコールサインを刺繍してくださるゴールドメダル社、のメーカーブースがあり、そこでは質問やカタログを見たり、多くの情報が入ります。ただ、デイトンののうな膨大なブースは流石に体験はできません。

まさに現地にいるように楽しい内容です。
日本ではメーカー新製品の紹介や一部のハムフェスではクラブなどとレクチャーや南極交信なども工夫を凝らし始めたので、今後は国内のハムフェスも、変わっていくと期待しています。
内容で同時間に2画面視聴したいくらいでしたが、
終了後には目が窪んでいました。レクチャーと質問したりしたい人には日本にいながら楽しめますので良い機会でしょう。QSO PARTYの主催者様には脱帽です。
お一人、日本の前田様が日米のFT8事情について差異があり。ゆっくりしたわかりやすい英語で発表されました。
個々のの内容は著作権もあるでしょうから残念ですが割愛します。自粛の中のハムフェスは刺激があり次回は3月だそうですから、皆さんもご覧になられればとお勧めいたします。
2021.08.21 Sat l ハムフェスティバル l コメント (0) トラックバック (0) l top