SDR Play(UK)から公認されたNewsがサイトにあり、推薦のYoutube 画像が多数あります。
とくに、RSPシリーズのSDRレシーバーを無線機に接続、応用する前に、
最初に、RSP2などを単体で使うときに、今月紹介されたKD2KOGマイクの
ニューカマー(初心者向け)のガイダンスが見やすく、参考になります。
RSPを開け、ケーブルを接続し、初期の設定から、後半は実際受信して評価を行っています。

こちらをクリックしてください。



ご存じの方も多いと思いますが、テレビのように、字幕を表示することもできます。
Youtubeの画面を拡大すると、下側にバーが見えます。
そこには左端に正方形のボタン、水車ボタン、「Youtube」の文字、そして拡大縮小できるボタンと3個のボタンが
見えます。
最近お客様からのお問合せで、日本語は表示できる?とございました。
Youtubeは字幕が挿入されているビデオなら、精度はともかくとして、日本語も表示できます。
正方形ボタンの右隣に水車ボタンがあり、これが設定ボタンです。
これを押すと、ドロップダウンメニューが開きます。

ここで、最初、「英語(自動生成)」を選んで押して離しますと左端にチェックマーク✓ が表示され、英語に訳された
字幕がでます。

もう一度この設定を開き、今度は「英語(自動生成)」の下側に移して「自動翻訳」を選択すると
アから順に、最後に「日本語」がでてきます(画像参照)ので選択すると字幕は日本語になります。

RSPAnnotation1
Youtubeannotation

これで、精度は低いですが、ある程度わかるとお客様には評判が良かったので、ご紹介いたします。
如何でしょう。
SDR Play RSP2、RSP2proのお求めは こちら からどうぞ。
スポンサーサイト
2018.02.16 Fri l SDR l コメント (0) トラックバック (0) l top
ANAN-7000DLEboxinside
ANAN7000DLEbox
ANANcontrollerup
ANAN-7000DLEfr-up1
ANAN-7000DLEview
ANAN-7000DLEfan


日本にも海外のSDRトランシーバーが続々登場しました。
画像は先週、今日と届いたインドのSDRの雄、Apache Labs社の ANAN-7000DLE
5年前から欧米の出張時に見てきたSDRのレシーバー、トランシーバーの数々。
そして、昨年のFLEX RADIOの新製品発表、SmartSDRのバージョンアップから、アメリカでも状況に
大きな変化がみられたました。
そのなかで、New Radio社(神戸北)と、弊社でも、従来からの取次で SDRトランシーバーを販売してきましたが、
そのなかで、ロシア製から中国製に至るまで実際に目にし、使ってみて感じたのは、ロシア製でも中国製でもなく
インドのIT企業でもあるApache Labsから出たANANシリーズが受信もさながら、送信波形にとくに定評のある
ANAN-8000DLEの登場で問合せと取次が多くなりました。
インドの工場で製造していますが、アメリカのアマチュアでありデザイナーのグループを中心に設計された
信号は、『ピュアシグナル』と呼ばれて久しく、次の100WトランシーバーANAN-7000DLEでも継承されました。
小型のものはコントローラーでノブが大きく使いやすい。この他にもモービル用 PiHPSDR コントローラーキット
欲しいところ。
今年はSDRが世界のアマチュア市場を一層賑わす予感が・・・。
  お問合せ、ご注文は こちら から。
2018.02.12 Mon l SDR l コメント (0) トラックバック (0) l top
KT-1

KENTinspection


久しぶりに入荷した、ドイツ KENTエンジニアリング社の キー(電鍵)、パドルの検品作業中。
世界のCW愛好家に独特の打ちやすさ、打鍵感でいまもなお、人気ある製品だけを
作り続けています。
長年、弊社の社員の一人が、コンタクトがあったからこそ、KENT社と契約が実ったものです。
画像は、ツイン≪アイアンビック)で知名度の高い、TP-1B(右)の箱と
アイアンベースの建振れ電鍵、KT-1の外観検査前。
(株)ラジオパーツジャパンはKENT社の契約代理店です。
(注 :正規代理店といった日本語が使いやすいからか、ちまたで良く使われていますが、多くは契約書のないリセラー、
再販店といったほうが良い事業者、個人からグループが氾濫していますので、「正規」という文字に惑わされませんよう
十分にご注意ください。弊社、当店では今後も正規という日本語表記を削っていく予定です。)
TP-1Bの詳細は後日、販売情報は こちら にあります。
KT-1は こちら から。

KT-1もTP-1Bも、所謂ブラス(青銅)製で、国内外の細いレバーは材料として採用しません。
必要な堅牢であるべき、左右のレバーや支点となるパーツにいたるまで、しっかりと作られている
設計は見事です。
ぶれなく、そして円滑な操作が人間の手で触ってわかるものがこのKT-1で
打ってみて納得できる逸品です。
KT-1は、別途 HANDY KEYからアップグレードした製品で、
違いは基台は、KT-1はアイアンにどぶ付け塗装と鉄を露わにしない工夫で、
その表面は滑らかで濃い漆黒で光沢があり、もてば、このキーへの信頼が生まれるでしょう。
HANDY KEYは基台が木製で明るい雰囲気につつまれています。これから
のアップグレードキットも別売されています。
あのタイタニック号のレプリカを製造(現在製造は未定)するKENT社の自信に満ちた
製品です。

2018.02.11 Sun l 電鍵、パドル l コメント (0) トラックバック (0) l top
MFJ1797Clip
ご購入前によくあるご質問から抜粋します。(FAQ MFJ1797-001から)
Q MFJ-1797についてお尋ねします。
同列の商品でMFJ-1797LPという商品があるようですが、説明によれば1797との違いは7メガ用のホイップが無いだけのようですが、このホイップ部品がないとどのような違いがありますか。当局は近所に引っ越したばかりで、あまり目立たないアンテナを探しておりました。ブロードバンドアンテナは目立たなかったのですが、国内も飛ばなかったので、ホイップなしではじめられるなら
これを買って、ご近所づきあいができたら、追加で申し込むことが可能でしょうか。

A ご近所とのお付き合いにつきましてはご拝察いたします。仰る通り、MFJ-1797から先のアルミチューブをとった形で、
長さも2.5mしかなく、目立たない理由です。
アメリカでもアパートマンションで、困っている事例は多く、アメリカでもこのような新しいアンテナができてきています。
ただ、チューブの長さがない分、7MHz帯の効率が劣ります。
高周波的にはMFJ-1797LPは各バンド1/4波長あります。
ただ残念ですが、このLPから拡張用のパーツはMFJでご用意しておりません。

自作の場合、
インチユニットのアルミチューブをご用意いただければ自作は可能です(保証外となります)
1-1/8 X .058 X 5ft aluminum tube



2018.02.03 Sat l ノンラジアルバーチカルアンテナ、GP l コメント (0) トラックバック (0) l top
rx7300
INRAD製モデル RX7300は、受信専用のアンテナジャックをICOM IC-7300に追加できるパーツです。
プラグイン式で増設は、はんだ付けを必要とせず、簡単にインストールできます。また、簡単に元通りに戻すことができます。
RX7300は、受信専用バンドパスフィルタや、低ノイズプリアンプ(LNA)などのIC-7300のレシーバチェーンにアクセサリアイテムを挿入するのに便利です(別売)。装着したあと、トランシーバーの送信時は、SO-239(Mメス相当)アンテナコネクタを使用して送受信し、受信時にRX7300の1つのRCAフォノジャックに接続します。通常の送受信動作でトランシーバーを使用するには、RG-174同軸ループを取り付けたままにします。INRAD代理店からお取り寄せ品 となります。
2018.02.01 Thu l 周辺機器 l コメント (0) トラックバック (0) l top